大学受験体験記② 慶應義塾大学理工学部編

慶應義塾大学理工学部

はじめに

みなさんこんにちは!

今回は私が現在通っている早稲田大学のライバル?である慶應義塾大学の受験に関する経験談を書いて行きたいと思います。慶應義塾大学は早稲田大学と並んで、東大、京大などの難関大を受験する人の滑り止めに利用されることが1番多い大学だと思いますので、ぜひ参考にしてください!!

早稲田大学先進理工学部生

慶應義塾大学受験の基本情報

大まかな基本情報を表にまとめました。詳しい情報は大学HPをご覧ください。
慶應義塾大学の受験基本情報(2018年度)
受験者数約4万5千人
受験会場日吉キャンパス、三田キャンパス
偏差値65〜83

いきなり、日吉キャンパスとか三田キャンパスとか言われても地方在住の人はわからないと思いますので、最寄り駅も載せておきますね。

会場最寄駅(徒歩圏内)
日吉キャンパス都営三田線三田駅、都営大江戸線赤羽橋駅、JR田町駅
三田キャンパス東急日吉駅

日吉キャンパスは神奈川と東京の境界付近、三田キャンパスは東京の真ん中で、目の前の大通りからは東京タワーが見えます!各自、自宅から受験会場までにかかる時間を調べておくと良いと思います。

↓三田キャンパス↓

慶應義塾大学三田キャンパス

↓日吉キャンパス↓

慶應義塾大学日吉キャンパス

わかりにくい理工学部

慶應の理工学部を受験する人なら1度は困惑すると思いますが、理工学部受験では学科を選択せずに、5つある学門から自分にあった門に挑むことになります。ここで門と、入学した後(2年進級時)に選択できる学科についてまとめておきます。

学門1 →物理情報工(50%)、物理(20%)、電子工(20%)、機械工(10%)
学門2 →管理工(50%)、数理科学(35%)、情報工(15%)
学門3 →応用化学(55%)、化学(20%)、生命情報(15%)、物理情報工(10%)
学門4 →機械工(50%)、システムデザイン工(30%)、応用化学(10%)、管理工(10%)
学門5 →情報工(35%)、電子工(30%)、システムデザイン工(25%)、生命情報(10%)

追記:学門と学科の複雑な関係がスッキリわかる扇子形グラフを作成しました。↓これです。

慶應受験生必見!慶應理工学部の学門・学科をグラフで徹底解説
慶應義塾大学理工学部の学門と学科の関係(どの学門からどの学科に進級できるのか)、偏差値、キャンパス、進路(大学院進学率)等をまとめました。慶應理工の受験生なら一度は困ったことがあるであろう「学門◯って何学科のこと?」「将来的には〜を専攻したいんだけど、どの学問を選んだら良いんだろう?」という疑問に答えます!

受験生が気になる偏差値は

学門165.0
学門262.5
学門365.0
学門465.0
学門565.0

こんな感じで、数学系の学門2が少し低くなっていますね。

私の受験対策と科目別対策

私の慶應の対策としては、10月頃からたまに英語の長文の部分には取り組んでいて、最終的には全教科5年分の過去問に取り組みました。理科に関してはそこまで難問、奇問が出る訳ではないので、冬ごろにはそこそこ解けると思います。

難関大受験生必見‼︎大学別模試を受ける準備と受けた後にすべきこと
大学別模試って受けた方が良いのかな?準備はどれくらいすれば良いんだろう?復習はどんな風にするべきなのかな?という疑問に自身の体験談も交えながら答えていきたいと思います。東大即応オープン、京大即応オープン、早大・慶大オープン、東工大・一橋大・阪大・名大・九大・東北大入試オープンの対策、分析、平均点が5割以上の問題の復習。

英語(理系)

慶応の英語は90分大問6つであり。

大問項目解答形式
1長文読解マーク
2長文読解マーク
3会話文マーク
4発音・アクセントマーク
5文法・語彙記述
6文法・語彙記述

文は多少語句は難しいですが、マーク式の問題で難しすぎるわけではないので、センター対策として時間制限を設けて、早い段階で1度といてみると良いかもしれません。私立大学にしては珍しく発音・アクセント問題も出題されるので、心配な人は対策しておくと良いと思いますが、滑り止めとして受ける人はあまり時間もないと思うので、あんまり気にしなくてもいいかも。。

▼実践した英語対策

英語が苦手でも短期間で得点源にできる!英作文の勉強法・参考書
今回は英作文の勉強法とオススメ参考書を紹介していきたいと思います!英作文は多くの人が苦手意識を持つ分野ですが、実は比較的簡単に点を挙げることができるのです!そのノウハウを詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!
現役早稲田生が英語の長文読解のための勉強法と対策、オススメ参考書を紹介!
今回は長文読解に焦点を当てて勉強法、問題の解き方、練習のためのオススメ参考書を紹介していきたいと思います! 今回紹介することは英語を読むためには必要不可欠な知識であり、私が長期間英語に触れ続ける中で得ることができたものです。

数学

慶應の数学は、120分大問5つであり、これまた珍しく、マーク式と記述式の混合です。問題の難易度としても標準〜難といったところで、どの大学でも言えますが、特に問題の取捨選択が大切になってきます。特に数Ⅲの微積の問題が頻出であり、計算量が異常なまでに多い年もしばしば見られます。形式に慣れるために、過去問には5年分くらい取り組んでおくのがオススメです。

▼実践した数学対策

数学・英語の点数を上げるための最低限の勉強法・参考書を紹介します
偏差値55の公立高校から早稲田大学先進理工学部に進学した現役塾講師兼家庭教師が、早稲田、慶應、東京理科大、東大の受験に際して高3の夏休みに自ら使用した数学、英語の参考書の中から特にオススメする「鉄板の参考書」とその使い方をレベル別にまとめました。数学は偏差値65まで暗記でいけます。英作文は偏差値が15は伸びました。
理系早稲田生が文系・理系を問わず数学の偏差値を65まで上げる勉強方法&参考書を紹介!
今回は、理系だけでなく文系の方も対象とした数学の勉強法を紹介していこうと思います!数学が苦手な方に向けて書いてあるので、これから数額の勉強を頑張っていきたいと考えている方なら必ず役に立つ記事になっています!
[独学]私の数学の参考書歴を紹介します。[偏差値70越えまでの道のり]
今回は独学で数学の偏差値が50→70以上に変化するまでに使用した参考書を紹介していきたいと思います。いつ、どんな参考書を使用したのかを詳しく書き、偏差値70までの道のりを詳しく説明していますのでぜひご覧ください!

理科(物理、化学)

理科は2科目合わせて120分で、それぞれに大問が3つあります。基本的には空欄補充の問題です。

理科の難易度としては1つの大問に難易度易〜難までの問題が詰まっている感じで、ある程度まではいけても完答は難しいかもしれません。ですので、全体的に7割程度の点を奪って逃げるのが正解かもしれません。しかし、問題によっては全問取れるような問題もあるので、慶應理系受験の得点源(勝負所)となる科目でもあると思います。

▼実践した物理&化学対策

物理・化学の点数を上げるための最低限の勉強法・参考書を紹介します
偏差値55の公立高校から早稲田大学先進理工学部に進学した現役塾講師兼家庭教師が、早稲田、慶應、東京理科大、東大の受験に際して高3の夏休みに自ら使用した物理、化学の参考書の中から特にオススメする「鉄板の参考書」とその使い方をレベル別にまとめました。苦手な人でも1回波に乗ってしまえば、驚くほど簡単に成績は上がります。
[独学]私の物理の参考書歴を紹介します。[偏差値70超えまでの道のり]
今回は私が物理の偏差値を独学で70以上に上げるまでに使用した参考書を紹介したいと思います!他の記事でも言っていますが、私がしっかりと受験勉強を始めたのは高2の1月でした。その時点での物理の偏差値は50前後でした。そこからの参考書歴どうぞご覧ください!
化学の参考書・問題集を現役塾講師がレビュー(基本から応用レベルまで)
今回は化学の参考書のレビューをしていきたいと思います!化学の参考書は全体的に問題数の多いものが多く、何を選んだら良いのかがわからないことも多いと思います。この記事では、理論・無機・有機で分けて私が実際に使った経験からレビューしています!悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!
[独学]私の化学の参考書歴を紹介します。[偏差値70超えまでの道のり]
今回は私が受験生の時に使用した参考書と、どの時期にどの参考書を使っていたのかを紹介したいと思います。 私が主に使用した参考書の解説と私の使い方を説明します。使ったものの、使用期間が短かったり、あまり重要ではないものに関しては、簡略化のために省いています。

受験前日に関するアドバイス

私からみなさんにアドバイスしたいことは2つあります。受験はまだ先かもしれませんが、とても大切なことなので頭に入れておくことをお勧めします。(これらはどの大学を受験するときにも当てはまる事なので、他の受験体験記にも書いてあります。見たことあるという方は、飛ばして読んでもらえると幸いですm(._.)m)

1.前日に絶対下見に行く。
2.寝られない時の対策をしておく。

まず1に関してですが、受験前日の受験会場の下見をする事で当日余計な心配をする事なく試験に集中でいるようになります。下見というと会場をちらっとみれば良いような気がするかもしれませんが、それではほとんど効果がありません。下見をする目的は家(ホテル)から試験を行う教室までの自分が通る道を確認する事です。ですので、自転車で行く人は駐輪場、車で送ってもらう人はどこで降りるのか、電車で行く人は駅のどの出口で出るべきなのかなどを確認すると良いと思います。(田舎に住んでいる人向けの話になりますが、東京などの都会の地下鉄の駅の出口は無数に?あり、都会初心者には迷路にしか見えません。)

次に2に関してですが、試験の前日というのは想像しているよりも遥かに緊張し、意外と寝られないものです。そのため、寝るための方法を自分で編み出しておくことが大切になります。そうしないと、寝られない→睡眠不足で頭が回らないかも→あ〜早く寝なきゃ!→でも寝られない(以後無限ループ)このような悪循環に陥ります。だからこそ自分なりの対策を練っておきましょう。(私の場合は、最低でも寝ていなきゃいない時間の2時間前には布団に入ったり、大量に持ち込んだホットアイマスクを使ったりしてました。)

1はどこのサイトでも言っていることですが、意外と2に関してはあまり言及されていないので注意!!

慶應受験体験記

本番前日

理科大の時と同様に前日には会場近くのホテルに到着し、無事下見まで終えた私は自分が理科大の時よりもはるかに緊張していることに気づきます。その理由としては、その時点ではまだ理科大の合否がわかっていなかったことと、どうしても『慶應義塾大学』というインパクト抜群の名前にビビっていたんだと思います(田舎者)。自分が明日ここに受験するんだということもあまり実感できていませんでした。こんな感じであまり前日は勉強にも集中できず、布団に入った2時間後くらいに何とか眠りにつきました。

眠れない慶應受験生

(宿泊したホテルはこちらの記事で紹介しています。)

受験本番!!!

確か、慶應の1教科目の開始時間は10:30ごろだったと思います。今回は緊張で5、6時間程度寝た後、7:00に目覚め、少し寝不足を感じていました。眠い目をこすりながら、風呂に入った後、ホテルの朝食を取り、受験会場の日吉キャンパスに向かいました。途中乗り換えで、武蔵小杉を通ったときに見た大量のサラリーマンと学生に圧倒されながらも、何とか日吉駅に到着すると、理科大の時よりも駅が小さいこともあってか、受験生の密度がハンパなく、校舎の前の通りでは各予備校がチラシとティッシュ配りをしていました。ここで私の緊張はピークに達しました。

慶應入試当日の朝

心臓をドキドキさせながら教室に到着し、1教科目の理科の問題を解いて時間をつぶしました。前述した通り、慶應の理系は特に理科が勝負だと思っていたので、何とか気持ちを落ち着かせ、集中力を高めて、試験に望みました。

結果はまあまあ。化学でチオ硫酸の酸化還元の問題で半反応式の暗記が必要なところがあり、「そんなとこ出すなよ!」と思いながらも、緊張は少なくなり、昼食を買いに行きました。(コンビニが若干遠いので皆さんは事前に買っておくことをお勧めします。)

⇦これが出てこなかった。。。

ファミマの微妙なチャーハンを食べてから、次の数学の勉強を始めました。数学は問題の見極めが大切なので、それを自分に何度も言い聞かせて試験を始めました。結果としては、ベクトルで少しつまずきはしたものの、ギリギリ許容範囲には収めることができたと思います。とは言っても、最後の英語では確実に合格点が必要、ということを考えると少し緊張が蘇って来ましたが、割と慶應の英語には自信あったのでポジティブに最後の試験に臨めました。

結果的に英語はなかなか良くできた?という満足感を得ることができましたが、もう眠気と、遠征による心身の疲れで頭がフラフラになって、その後のことはあまり記憶にはありません。。。

頭がフラフラの人

何とか正気に戻れたのは、武蔵小杉のカレー屋さんで夜ご飯を食べた時でした。疲れのせいなのか、野菜が多めでものすごく美味しかった記憶があるので、武蔵小杉に訪れた時には、ぜひ寄ってみてください!写真と店の名前を載せておきますね。

店名:キャンプエクスプレスHPはこちら

慶應受験キャンプエクスプレスカレー

ということで最後に、慶應受験で一番記憶に残ったのは「カレーの美味しさ」でした。

 

自己紹介 ~偏差値55の高校から挑んだ早慶東大受験~
偏差値55の地方公立高校から約1年間の独学で早稲田、慶応、東大にチャレンジするも、東大には僅かに及ばなかった現早稲田先進理工学部生の自己紹介と大学受験経験談です。自分の経験から、他の人の経験談を読むことはモチベーションを上げることや、情報収集に非常に役立つと思うので、ぜひ1度読んでみてください!
大学受験体験記① 東京理科大学編
東京理科大学工学部の受験体験記(合格体験記)2018年版。難化する理科大入試での経験と理科大の受験情報(難易度・偏差値)についてまとめました!一般的な合格体験記には書いていない受験前日の注意点、下見、ホテル、受験当日の入試会場(神楽坂)の雰囲気や試験問題の難易度(難しかった数学の感想)も書いたのでぜひ参考にして下さい!
大学受験体験記③ 早稲田大学先進理工学部編
早稲田大学先進理工学部の受験体験記(合格体験記)2018年版。早稲田入試で経験したこと、早大の受験基本情報(難易度・偏差値)、科目別対策についてまとめました!合格体験記にはあまり書かれない受験前日の注意点・ホテル・電車の情報や知っておくと有利な情報、入試会場(早稲田キャンパス15号館)の雰囲気なども紹介しています。
大学受験体験記④ 東京大学編
東京大学の受験体験記(2018年版)。東大の受験基本情報、科目別対策、参考書分析に加え、一般的に合格体験記にはあまり書かれていない受験前日の注意点、ホテルの効率的な利用法、受験当日の入試会場(本郷キャンパス工学部5号館)の雰囲気、入場門、休憩時間の過ごし方、オススメのホテル、受験生へのメッセージなどもまとめています。