勉強法100通りを比較《大学受験勉強法Ranking》

大学受験体験記③ 早稲田大学先進理工学部編

早稲田大学西早稲田キャンパス 大学受験体験記

はじめに

みなさんこんにちは!

受験体験記第3回目である今回は、私が現在通っている早稲田大学の受験情報と受験体験記を書いていきたいと思います。在学生だからこそわかる情報も追加していけたらと思います。慶應義塾大学と併願する方も多いと思いますので、下記の慶應の受験体験記も合わせてご覧ください。

大学受験体験記② 慶應義塾大学理工学部編
慶應大学理工学部の受験体験記2018年度版。受験基本情報、三田キャンパスと日吉キャンパスの情報、科目別対策法、過去問の利用法、慶應受験で経験したこと等をまとめました!一般的な合格体験記には書いていない受験前日の注意点や受験上の知っておくと有利になれる情報、受験当日の入試会場の雰囲気なども書いたのでぜひ参考にして下さい!

早稲田大学の受験基本情報

大まかな基本情報を表にまとめました。詳しい情報は早稲田大学HPをご覧ください。
早稲田大学の基本情報
受験者数 約5万5千人
受験会場 早稲田キャンパス、西早稲田キャンパス、戸山キャンパス(MAP
偏差値 60〜70

各キャンパスの最寄駅は、

会場 最寄駅
早稲田キャンパス 早稲田駅(東西線)、早稲田駅(都電荒川線)
西早稲田キャンパス 西早稲田駅(副都心線)
戸山キャンパス 上記の3つ

*JRの駅で言えば、高田馬場駅が一番近く、気合いを入れればどのキャンパスにも歩いていけますが、汗ダラダラの息切れ状態で試験を受けることになるかもしれないのであまりオススメできません。

↓早稲田キャンパス↓(通称本キャン):凄かったらしい人の像が印象的

早稲田大学早稲田キャンパス

↓西早稲田キャンパス↓(通称理工キャン):夜は綺麗?昼は地味

早稲田大学西早稲田キャンパス

↓戸山キャンパス↓:もうほぼオフィスビル

早稲田大学戸山キャンパス

私の受験対策と科目別対策

私の場合、早稲田の対策は慶応に少し遅れてセンター後に英語から始めました。そこから受験日が近づくにつれて少しずつ他の科目にも取り掛かりました。全体的な難易度がほとんど同じくらいの慶應義塾大学と比べると、数学、化学は少し易しめ、英語、物理は少し難しめになっています。

*理工学部は建築学科を除いて360点満点で合格点は170〜200点程度です。

難関大受験生必見‼︎大学別模試を受ける準備と受けた後にすべきこと
大学別模試って受けた方が良いのかな?準備はどれくらいすれば良いんだろう?復習はどんな風にするべきなのかな?という疑問に自身の体験談も交えながら答えていきたいと思います。東大即応オープン、京大即応オープン、早大・慶大オープン、東工大・一橋大・阪大・名大・九大・東北大入試オープンの対策、分析、平均点が5割以上の問題の復習。

英語(理系)

早稲田の理系英語は制限時間90分で、問題文から全ての文章が英語で書かれており、総英単語数ではおそらく全大学中でも最多だと思います。長文の内容が抽象的で難解であり、設問によっては日本語訳を見てもよくわからないものもあります。早稲田受験の中ではあまり差のつかない科目でもあるので帰国子女でもない限り、そういう問題は捨て、なんとか55〜60%を取りに行くのが合格への近道となりそうです。

数学

早稲田の数学は120分で大問が5つで全て記述式です。年によって難易度のばらつきが大きい科目ですが、例年慶應よりは取り組みやすい問題がほとんどです。ですので、目標としては2完2半できればアドバンテージが取れると思います。しかし、本当年によって難易度が大きく変わるので、あんまり出来なくても、後の教科に引きずらずに切り替えましょう!

理科(物理、化学)

理科は2教科合わせて120分で大問が各3つずつの計6問で、基本的には答えのみ、化学は第1問がマーク式です。

まずは物理に関して、正直早稲田の物理は問題によってはどこよりも難しいものもあります。大問3つのうち1つは最難、1つは難、1つが標準から難、と全体的な難易度は東大、京大の問題よりも上の年もあります。ですので問題の見極めが最も大切になる教科です。目標としては、得意な人は50%以上、苦手なら最低でも45%を取りきると決めて、早めに化学に移るのもアリだと思います。

化学に関しては、第1問が理論でマーク式、比較的易しいです。第2、3問は無機、有機が主な問題であり、難易度は標準から難となっています。マーク式設問で高得点を取ってアドバンテージを取ることが大切になってきます。ここが意外と早稲田理工受験のポイントになりますよ!

受験の天王山!夏休み以降の参考書選びを解説(理系科目全体後編)
偏差値55の公立高校から早稲田大学先進理工学部に進学した現役塾講師兼家庭教師が、早稲田、慶應、東京理科大、東大の受験に際して高3の夏休みに自ら使用した物理、化学の参考書の中から特にオススメする「鉄板の参考書」とその使い方をレベル別にまとめました。苦手な人でも1回波に乗ってしまえば、驚くほど簡単に成績は上がります。

受験前日に関するアドバイス

私からみなさんにアドバイスしたいことは2つあります。受験はまだ先かもしれませんが、とても大切なことなので頭に入れておくことをお勧めします。(これらはどの大学を受験するときにも当てはまる事なので、他の受験体験記にも書いてあります。見たことあるという方は、飛ばして読んでもらえると幸いですm(._.)m)

1.前日に絶対下見に行く。
2.寝られない時の対策をしておく。

まず1に関してですが、受験前日の受験会場の下見をする事で当日余計な心配をする事なく試験に集中でいるようになります。下見というと会場をちらっとみれば良いような気がするかもしれませんが、それではほとんど効果がありません。下見をする目的は家(ホテル)から試験を行う教室までの自分が通る道を確認する事です。ですので、自転車で行く人は駐輪場、車で送ってもらう人はどこで降りるのか、電車で行く人は駅のどの出口で出るべきなのかなどを確認すると良いと思います。(田舎に住んでいる人向けの話になりますが、東京などの都会の地下鉄の駅の出口は無数に?あり、都会初心者には迷路にしか見えません。)

次に2に関してですが、試験の前日というのは想像しているよりも遥かに緊張し、意外と寝られないものです。そのため、寝るための方法を自分で編み出しておくことが大切になります。そうしないと、寝られない→睡眠不足で頭が回らないかも→あ〜早く寝なきゃ!→でも寝られない(以後無限ループ)このような悪循環に陥ります。だからこそ自分なりの対策を練っておきましょう。(私の場合は、最低でも寝ていなきゃいない時間の2時間前には布団に入ったり、大量に持ち込んだホットアイマスクを使ったりしてました。)

1はどこのサイトでも言っていることですが、意外と2に関してはあまり言及されていないので注意!!

<つづきは2ページ目>